証明書があること:着物を高く売る

着物は購入する時に高価なものが多いため、売る時にも高く売れるよな感じがします。しかし、意外な事に値がほとんどが付かない場合もあります。ですが、着物買取り業者などに売る場合は、少しでも高く売りたいもの事実です。
例えば高額査定が出るポイントとしては、未使用の着物、丈が長い着物、有名産地の着物、正絹の着物、有名作家の着物、などが挙げられます。また重要な事として文化財の証明書があるかないかで値段も変動します。
また、シミや汚れのない着物はもちろんの事、普段からドライアイロンをかけてシワなどを伸ばして保管します。
着物買取り業者も多くありますが、売る側が素人だと相場が分からないため、適当な安い値段を提示される場合があるので注意が必要です。また、出張査定もありますが中には低価格の交渉で押してくる担当者もいるので注意が必要です。
仮に売る側が着物についての知識がないなら、1度専門家に見てもらうのも良いです。大体の相場が分かります。
上述した文化財の証明ですが、値段の高低に関わるので更に掘り下げて説明します。
文化財とは、着物の重要無形文化財に認定されている着物の事で、日本を代表する技として歴史的な価値のある着物だけに対して認定されます。文化財の着物は由緒ある歴史の着物なので、着物買取りの際は値段が付く重要なポイントになります。また、それを裏付けるのが証明書であり、正真正銘の文化財という証になります。すなわちこの証明書がないと本来の価値よりも低く査定されてしまいます。
その他にも付属品は必ず一緒に出す様にします。例えば帯や収納箱、たとう紙一式などをセットにして査定して頂きます。仮に証明書がなければ、着物に精通しているプロの鑑定士に見てもらいます。熟練の目を持っているため、正真正銘の着物の価値の判断ができるので、少しは高値が付く場合があります。
他にも着物買取り業者は、実店舗に限らずネットでも査定が出来るので、大よその目安が知りたい時は、複数の会社で価格比較をすると良いです。