作家の証明書があること:着物を高く売る

日常生活の中で着物を着用する機会が多いという人は限られていると思います。せっかく作った着物も着る機会が少ないと箪笥にしまったままになってしまうでしょう。そのような着物は必要とする人に使ってもらうのも一つの選択肢で、そのためにも買取に出すという方法があります。
着物の査定は10年を超えると価値が落ちてしまいます。劣化を最低限にとどめるには日ごろからのお手入れが大変重要になってきます。シミや色落ち、汚れ、虫食い、カビなどがあると査定額が低くなってしまうことは言うまでもありません。買取に出すのなら、必要なくなったときになるべく早く出すことがポイントです。
高価査定のポイントにはいくつかあり、着物の状態もそうですが、新しいものほど高額買取をしてもらえます。例えばしつけがついたままのものとか、着用回数の少ない物です。
その他の査定ポイントとしては生地の質、サイズ、作家、産地、流行の柄か否かなどです。
生地はウールや化繊のものはかなり安価です。やはり正絹が最も高価で重さを表す匁の大きいほど高価です。サイズ的には大きい物、小さい物は安価で普通サイズのものがやはり高価です。産地としては加賀友禅、京友禅、越後上布、丹後布、結城紬などが高額査定を得ることができます。種類で見ると訪問着が最も高価で、次いで振袖、紬、留袖、小紋、帯の順になっています。
作家物はまた別の視点で評価されています。人間国宝を筆頭に工芸会、国画会の有名作家の作品は高額査定が得られるでしょう。作家の証明書は大変重要なもので、実際には高価な着物も証明書が無いと買取価格も下がってしまうことがほとんどです。
なお、購入時に揃っていたものはすべて大切に保管しておくべきです。作家証明書は勿論のこと箱や帯など、揃っていると着物買取り価格も上がってきます。
着物買取に出す場合、購入時のままの付帯品も大切に保管しておくこと、着る機会が無いと判断したらなるべく早めに買取に出すこと、普段の手入れをきちんと行うことが高価査定を得るポイントとなるでしょう。