買取りができない着物について:胴裏の黄変した着物

着物買取業者は不用な着物を買い取りをしてくれる便利な存在ですが、物によっては買い取りできないことがあります。どのようなものがそうかというと、それは傷んでいる着物です。これは、着物の表面が傷んでいる場合だけではなく、裏地である胴裏が黄変している場合にも買い取りが難しくなります。
胴裏は基本的に白いものが多いのですが、時間が経過するにつれ黄変(黄ばみ)が発生する場合があります。?変には大きく分類すると全体的に薄く黄ばんでいる状態、2つめは斑点状に黄変が発生している状態、最後に全体的に濃い黄色や茶色に変色している状態の3種類あります。
絹本来の色は真っ白ではなく、精錬という作業をして白色になります。ですので、時間を経ると空気中に存在している酸素と結びつき、本来の黄色に近い色に戻っていくのです。この現象を酸化?変といいます。これが、全体的に薄く黄ばんでいる状態です。斑点のように黄変が発生している状態は、カビが原因と考えられます。最初は色はつかないのですが、時間の流れとともにカビが繁殖して徐々に?変を起こしていきます。全体に濃い黄色や茶色に変色している原因は、胴裏に使われている増量剤です。着物胴裏には目方を重くするために、増量剤という糊の一種を含ませていることがあります。このような場合は、増量剤がひどく酸化?変を起こして全体的に濃い変色を起こします。
このような?変の状態では、クリーニングではなく胴裏自体を取り替える必要があり買い取りできないと考えたほうがいいです。業者が価値があると判断した場合は、?変の程度によって買い取りをしてもらえる可能性もありますが買取価格は安くなります。いくつかの業者に見積もりを依頼してみると買い取り先が見つかるかもしれません。
しかし、?変した着物は買取業者に買い取りしてもらえなくても、引き取りはしてもらうことができます。ですので、着物をお金には変えることはできませんが、不用な着物を処分したい場合は着物買取業者に引き取ってもらうといいでしょう。