着物の買取り価格と相場の関係性

着物買取りを依頼する場合の基礎知識として理解しておくことは、着物の買取り価格の相場や着物を高く買取ってもらうためのコツです。まず、着物買取り価格の相場としては、高級なもので数千円から数万円といわれており、小紋などの普段着の着物の場合は数百円から数千円といわれていますが、これらの買取り相場は、素材や保存状態、人気の着物であるかどうかによっても異なります。具体的には、全て正絹でできている状態が良い訪問着や振り袖の場合は、数千円から数万円の値段が平均的な相場といわれています。また、作家物の着物の場合は、その作家自体の知名度や人気によって大きく値段が異なるといわれています。一方、いくら状態がよくても着物の生地が化学繊維のポリエステルであったり、ウールの場合は値段が付きにくいといわれています。そして、着物を高く買取ってもらうことができる条件のひとつとして、適切な保管方法が施されており、防虫剤などの匂い移りが無く、湿気によるカビが発生していない状態がよい着物であるということがあげられます。また、着物の丈が155cm以上あり、畳紙に綺麗に入れられておりシワがないという点も条件としてあげられます。さらに、着用済みの着物でも、しっかりクリーニングに出して手入れをしたり、一度反物の状態にもどしてから水洗いをする洗い張りを行っておくことが着物を高く買取ってもらうコツといわれています。また、仕付け糸がついている着物も高く買取ってもらえる傾向があるといわれています。さらに、人間国宝作家による作品などの高価な着物の場合は、それを証明することができる証紙を大切に保管しておき、買取り査定の際には持参することも大切です。このように、着物買取りを依頼する場合は、着物買取りの基礎知識をしっかり理解しておくことが大切で、着物の正確な値段を知らないリサイクルショップに依頼することは避けて、着物買取り専門店に依頼し、きちんと着物の価格を査定してもらうことも大切です。