色留袖の着物買取り

着物をいくつか処分するときに、着物買取りの専門店を利用したことがあるのですが、しっかりと査定をしてもらえて、その品にあった金額を提示してもらうことができました。なので、もし着物を処分したい、という方がいたら、着物買取りの専門店を利用することをおすすめします。 着物買取りの専門店では、振袖、留袖、訪問着、小紋、紬などの着物を買い取っています。もちろん、それ以外の着物や和装小物などもきちんと査定をして、その品物にあった金額を提示してくれます。なので、自分が納得できた金額であったらその着物を買い取ってもらうようにするといいです。 たとえば、着物のなかでも、もっとも格式の高いもの、礼装として用いられるのが留袖です。留袖は裾の部分に絵羽模様があるのが特徴で、地色が黒い黒留袖、それ以外の色で作られている色留袖の2種類のものがあります。この2種類のなかで、より格調が高いのが黒留袖です。 色留袖は、着用目的などによって、五つ紋、三つ紋、一つ紋、無紋のものがあります。宮中などでは、黒は喪中の色ということで避けられており、色留袖が着用されているということです。色留袖を着物買取りの専門店で買い取ってもらうときには、8,000円から12,000円が相場になるといいます。また、未使用の高級品の場合は、どちらも2万5,000円から3万円くらいの価格で買い取ってもらうことができる場合もあります。 需要が高いので、着物買取りの専門店でも高値が付きやすい留袖ですが、買い取ってもらうときには、その着物の品質や状態は査定をするときに重要なポイントとして確認されるので、きちんとお手入れをしてから持ち込むようにしておくといいです。 査定の結果は日ごろのお手入れや保管状態によって変わってくるといえます。なので、しっかりとお手入れをして、きれいな状態にしてから持ち込むようにしておくことが大切です。きれいな状態のものはそのぶん買取価格がアップすることがあります。