着物の柄行きと買取り価格の関係

私は着物自体は持っていませんが、祖母が亡くなった時に桐箪笥の中から多くの着物が出て来ました。
当時着物の知識がない私は、祖母が着ていた年代物の着物なので値打ちがないと思い処分に困っていました。
しかし、意外と汚れやシワもなく保存状態が良いため、着物買取り店へダメ元で出張査定を依頼しました。
やはり、殆どの着物が数千円または値打ちがゼロと言う結果でしたが、2点だけ高額な値が付いたのがありました。
そのスタッフにその理由を伺ったら『柄行きが良い』との事です。
柄行きが良いとは、着物の絵柄の事で、着物の柄によっては着物の格が変化します。年代を問わず需要の高い柄に用いられる事が多いのです。柄行きは着物の査定価格に大きく影響する大切なポイントです。
そして古くから伝統がある古典柄に限っては、流行や廃りはありませんが、着物の柄や模様には流行が必ずあります。
特に流行が過ぎた後の模様や柄はコーディネートがしにくく、着物買取りの相場も下がるので査定価格にも影響してしまいます。やはり綺麗な現代柄でも奇抜な柄は値打ちが下がる傾向にあります。
また同じような柄でも振袖と留袖によっても値打ちは変動します。
補足として、人間国宝などの有名作家が作成したもの、有名な産地を証紙で証明される着物は、査定価格が高くなる可能性があります。自分で見て分からない方は、やはり着物に詳しい方に見てもらった方が良いです。
着物には、様々な模様や柄が多くあり、作成された時代や時期によって風合いも異なります。気になる着物が自宅で眠っていたり、自分で購入した、譲ってもらったのは良いけど身に着ける機会がないと言う方は、一度着物買取り店へ査定の依頼をする事が良いです。今は実店舗に持って行かなくとも、インターネットで取り扱っている会社は多くあります。
電話やメールで依頼すると、着物1点からでも出張査定に自宅訪問してくれるので、是非試してみる価値はあります。